お菓子の歳時記

1月(正月)【睦月】・2月【如月】・3月【弥生】

1月【睦月】

鏡餅・のし餅(元旦)

『鏡餅』は、神聖なものとされた古代の『鏡』を模り、一家の平安と一年の厄払いを願う大切な日本の文化です。
ご当地のお餅は『角餅』。お雑煮には『もち菜』を入れます。
(西の『丸餅』東の『角餅』。 堺は関ヶ原付近です。)

お年賀のご挨拶・おもてなし(三が日)

花びら餅や松竹梅・鶴亀・干支を模った和菓子が人気です。

鏡開き(11日)

鏡餅を下げ『おしるこ』や『ぜんざい』にて頂きます。
(刃物を嫌い、手や木槌で割るのが習わしとされています。)

2月【如月】

節分(立春の前日)

節分の豆まきは、邪気を払い福を招く行事です。
(豆大福なども当店では人気商品です)

バレンタインデー(14日)

チョコだけではないのかも?
『イチゴ大福』も人気です。

3月【弥生】

ひな祭り(3日)

春に芽吹く蓬で作る『草餅』は、平安の昔から桃の節句には欠かせないお菓子です。
(郷土の雛菓子では『おこしもん』が人気です)

ホワイトデー(14日)

和菓子のお返しなどいかがですか。

春のお彼岸(春分の日をはさんだ一週間)

『暑さ寒さも彼岸まで・・・・』仏教では、昼と夜の長さが同じとなる春分が、『中道』の教えにかなうと考えられています。 そして、太陽が真東から昇り、真西に沈むことから、西方にあるとされている『極楽浄土の向こう側の岸への道しるべとなる』と言われています。 始まりの冷えを「彼岸の入り」、秋分の日を「お中日」、終わりの日を「彼岸明け」又は『おはて岸』と言い、ご先祖様へお彼岸団子、おはぎなどをお供えします。 『イチゴ大福』も人気です。

暮らしの中のお菓子