暮らしの中のお菓子

慶事 お祝い・お返し

《帯 祝》

『帯掛け内祝』

お子さんを授かった方のお名前を書き添えます。

帯掛け祝いの紅白の餅は、妊娠5ヶ月ごろの「戌(いぬ)」の日に「帯祝い」を行います。
おなかに『岩田帯(いわたおび)』と呼ばれるさらしの布を巻いて、お母さんの健康と赤ちゃんの安全な出産を祈ります。帯掛け祝い紅白の餅の中央に小さな小豆が一粒入っいて、お餅を分ける時に包丁を入れて、この小豆が切れると「女の子」、小豆が切れないと「男の子」が生まれると云われています。

《出産内祝》

『出産内祝』

赤ちゃんのお名前に振り仮名をつけてお祝いをします。

出産祝いをいただいたとき、いただいた方々お礼のお返しをする「お祝い返し」のことを「内祝」といいます。
「内祝」とは、お祝いを送られた側の人が、お世話になった方やこれからお世話になる方に「お礼」「よろしくお願いします」と言う意味を込めて、贈るものです。

《宮参り》

『宮参り』

『紅白饅頭』『お赤飯』『引菓子』などで祝います。

日本には赤ちゃんの誕生と健やかな成長を願って、生誕約1ヶ月目に、神社にお宮参りをし、無病息災を祈願します。

《誕生祝》

『誕生内祝』

『誕生餅』『お赤飯』『紅白饅頭』にお子様のお名前を書き添えます。

満1歳の誕生日を「初誕生」と呼び、無事に1年を迎えることができた喜びを感謝する行事です。
赤ちゃんはだいたい1歳くらいで歩きはじめます。1歳の誕生日のお祝いに足の形を模した紅白の1升餅を風呂敷などに包み背負って歩かせて、赤ちゃんがしっかりと粘り強く一生歩いていけるようにお祈りします。
(お餅の1升(いっしょう)と、人生の一生(いっしょう)を掛け言葉)

《初節句》

『初節句内祝』

『お節句菓子』『お赤飯』『黄飯』にお名前を書き添えます。

生まれて初めて迎える『節句』のことで、お子様の成長と厄除けを願う行事です。

《七五三》

『七五三内祝』

お赤飯、紅白饅頭、紅白餅、引菓子などにお名前を書き添えます。

11月15日までに、数えで男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳、それぞれの成長の節目の年齢に達したころに、氏神様に健康と厄除けを祈願して、お祝いをする行事です。

《入園・入学祝》

『『入園、入学、就職内祝』

お赤飯、紅白餅、紅白饅頭、引菓子にお名前を書き添えます。

保育園、幼稚園から高校、大学、そして就職。それぞれの節目のお祝いに。

《成人式》

『成人内祝』

『お赤飯』『紅白まんじゅう』『引菓子』

1月の第2月曜日は「成人の日」です。満20歳に達し、おとなの仲間入りの門出の日です。

《結婚》

結婚『寿』

伝統を尊ぶ儀式には、『引菓子』『お赤飯』が最適です。

縁あって、めぐり合ったお二人にとって、結婚は一生の内で一番大きな行事と言えるでしょう。

《厄除け》

『厄除け』

『紅白まんじゅう』『紅白餅』を知人にふるまい厄除け祈願をする習わし。

数え年で男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、61歳が厄年と言われています。
特に男性は42歳、女性は33歳を『本厄』とされ、本厄の前後を『前厄』『後厄』と言います。

《長寿の祝》

『還暦(古期・米寿等)内祝』

『紅白饅頭』『御干菓子』『お赤飯』など。

還暦とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることをいいます。還暦の祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈り、昔は魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味でこの習わしがあります。

《賀寿の年齢》

[お祝いは、ご本人の誕生日かそれ以前の都合の良い日で行います。

還暦とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることをいいます。還暦の祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈り、昔は魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味でこの習わしがあります。

暮らしの中のお菓子